フリーエンジニアの営業を行うにあたって

一般的なIT企業では、上司から仕事を頼まれ、仕事を淡々と機械的にこなすといった流れで業務を行っていくケースがほとんどですが、フリーエンジニアでは特定の企業に属しているわけではないので自分自身から積極的に営業を行い、仕事を獲得する必要があるのです。

仕事を獲得するためには、自分自身のフリーエンジニアとしてのメリットをクライアントに対して積極的に説明していくことが必要であります。単純な入力作業や、他のIT企業でも行えるようなシステムの構築のみでは、クライアントに対してメリットを説明したことにはならないのです。

このエンジニアの大きなメリットとしては、一般的なIT企業や派遣社員では行うことのできない柔軟な対応という点が挙げられます。一般的なIT企業では、小さな問題などに対しては顧客に説明を行うこともままならず、また納期に追われて完成度の低いシステムをクライアントに対して納品してしまうケースなども多く存在しております。しかしながら、フリーであるエンジニアはこのようなケースとは異なり、クライアントに対して積極的な問題提起などを行っていくことにより、クライアントとの信頼関係を深めた上で適切な納期でクオリティの高い製品を納品することが可能なのです。

このように、フリーエンジニアが営業を行ってゆく際には、さまざまなメリットを顧客へと提起し、顧客との信頼関係を深めながら業務が行えるように心がけることが重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です