フリーエンジニアには英語が必要か

エンジニアの中には英語力に不安がある人がしばしばいます。それ故に大企業では海外発の最新のシステムや技術、ソフトウェア等についてのマニュアルを日本語翻訳を作成して広める等、業務に支障がないように配慮する傾向があります。こういった流れが続く限りは語学力がなくともエンジニアとして仕事をしていくことは可能であり、国際化社会と言われる社会においてもその影響を受けることなく生活していくことが可能でしょう。

しかし、フリーエンジニアになると状況が変わります。大企業のように上層部がマニュアルの翻訳を行ってくれることはないため、自ら翻訳を発注するか自力で読めなければ最新のシステムやソフトウェアなどを使いこなすことができないのです。したがって、ネイティブのように読み書きも話したり聞いたりすることもできる必要は必ずしもありませんが、少なくとも専門的な書類を読んで理解できる能力は身につけておかなければなりません。また、最新の情報の入手という考え方から、海外の技術系のニュースのよい情報源となるので、英語ニュースを聞き取って理解できるという程度のリスニング力もあると効率的に情報収集を行っていくことができます。

英語ができない場合に、それを理由にフリーエンジニアとなることを断念する必要があるほどの欠点ではありません。しかし、それ相応の苦労をするか出資をしなければならなくなることは覚悟しておくことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です